monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のひとりごと

2010年6月21日にベナンを出国。

6月23日に日本に帰国した。

2年ぶりの日本は意外にもスッと馴染み、少しの新鮮味を感じる程度だった。

日本人からすれば、ベナンは遠く未知の存在。
ベナンで過ごしていた日々も、日本の日常に比べると、非現実的。
異なる言語や価値観、文化、環境、食事、黒人さんに囲まれて外国人としての毎日。
全てが貴重な体験だった。
限られた月日の中で貪欲に、あらゆることを吸収しようとした。

日本での日常に溶け込んできた今となっては、あの日々がとても遠くてウソのように感じる。
でも今もベナンへ行けば、あの環境が待っている。
なんとも不思議な感覚。

協力隊に参加前、保健師、看護師を集めた技術補完研修があった。
その中で「発展途上国は、経済が途上というだけで、国の歴史や文化が途上という意味ではない。」という言葉を聞いた。
私の中でそれはとても印象深かった。
ベナンにいる間、嫌な目にあっても、ベナン人やベナンという国を尊重する気持ちが常にあったのは、それが根底にあるからかなと思う。

私の活動は、大それた事ではなかったけれど、同僚たちを始め私が関わった人たち全てに「日本人」という記憶を残すことはできたと思う。
お金や物のやりとりだけで、顔が見えないと言われている日本の援助。
実際に顔を見ながら、言葉を交わし、心が通じれば、互いの心に「日本人」「ベナン人」の種を植え付けることができるのではないかと思う。
いつそれが花を咲かせるか分からないが、長い人生の中で特別な存在となる時がくるかもしれない。

私はボランティアでありながら「援助」をしようと考えたことはない。
私の活動が何かの役に立てばもうけものだなという思いで過ごしてきた。

むしろ同僚達を始め、ベナンの多くの人に支えられて過ごした2年間だった。
裏切られることもあったけど、それを上回る笑顔や思いやり、通りすがりの親切をいただいた。
彼らの支えや助けがなければ、無事に任期を全うする事は難しかっただろう。

そしていつも、日本が失いつつある人々の豊かな心に触れて、元気をもらっていた。
帰国後、益々その大切さを痛感している。

人間同士のコミュニケーションを大切にする「豊かな心」だけは失わないように。
今の日本の現状をベナン人に紹介することを想像すると、残念な気持ちになる。

このブログは、私の活動と言うよりもベナンという国のことを知ってもらいたくて開設した。
その裏には私が元気で活動していることを知らせるためでもあったけど。
ベナン人で教育を受けた人は、日本人の顔は知らなくても日本という国の名前、天皇の名前、歴史のことなどなど日本についての知識はある。
でも、日本人はベナンの存在すら知らない。
国民はベナンの存在を知らなくても、日本はベナンにも援助を行っている。

私目線になってしまうが、ブログをきっかけにこんな国があることを知り、興味をもってもらえればいいなと思う。

この経験をきっかけに、いつかアフリカへ戻ることが私の夢の一つとなった。

というわけで、このブログはこれにて終了。

読んでくださっていた皆さん、どうもありがとうございました。



日本から見守ってくれていた全ての人に感謝をこめて

yoki-ta

















スポンサーサイト

髪の毛を編む

帰国まで3週間。

隊員は帰国前に、2年間の活動内容をまとめた報告会を活動先の同僚や上司に向けて行うことになっている。
もちろんフランス語。

最後の報告会は、ベナン服を着て、ベナン人のような髪型で実施すると決めていた。
発表内容をフランス語でまとめるにあたり、カウンターパートに添削してもらいつつ、報告会の話し合いを重ねた。

いつも彼らのマイペースに振り回されてきたが、今回も同様。
報告会は間近に迫っているのに、計画通りにカウンターパートとの打ち合わせが進まない。

いつも以上に襲いかかってくるハプニングの合間に、髪の毛を編みに行った。

夕方18時ごろ。
体も疲れていたが、今を逃せばやれる時はないと髪を編んでくれるマダムの家に。
聞けば「2時間くらいで終わるよ。」と言う。
4時間くらいで終わるかな?と内心思いながら、お願いする。

前回は全て自分の毛で編んでもらったが、今回は付け毛をする。
2メートルくらいの茶がかかった直毛を購入。1200cfa(約250円)

背もたれもない低い椅子に座って、ひたすら編まれる。
マダムは妊娠中。
大きいおなかで、なおかつ風邪で鼻をすすりながら、一人でひたすら編んでくれる。


マダムの旦那さんは仕立屋で、ミシンをカタカタやっていたが、私のために雑誌を渡してくれたり、蚊取り線香をたいてくれたり、色々気をきかせてくれた。
さらに、20時頃から子どもたちにご飯を食べさせたり、寝かせたりととても面倒見の良い旦那さんだった。

この家にはテレビがあって、時間になるとテレビを見るためにご近所さんがやってくる。
目的はフランスの連続ドラマ。

みんながテレビを見る横で、この家の6歳の男の子と3歳の女の子がわいわいと遊び、その横で私が編まれている。
8畳程度の狭い部屋に7人が集い、何だが久しぶりに家族の中にいる気分を味わった。

結局、仕上がったのは夜の12時半。
6時間もかかった。
予想以上に私の髪の毛は多かったようだ。

全てを編み終えた後、付け毛が引き締まって崩れにくくするため、全体をぬるま湯にひたす。
さらに、はみ出た短い毛をハサミで切って整える。
これはおそらく私の髪の毛も切られていた。

付け毛代も入れて3500fca(約700円)
手間の割に安いと感じた。
お礼も込めて、値切らなかった。

大きいおなかでほとんど休憩もせず、編んでくれたことに感謝。
さらに、夜は危ないからとテレビを見に来ていた近所の人が途中まで送ってくれた。

疲れたけど、みんなの優しさに癒された。

最後の髪型

ベナン人からは好評。
みんな喜んで「似合ってるよ。」と言ってくれる。
しかし、いつになく真剣な目で私の頭を観察し「いくらだった?」と同僚のほとんどが聞いてくる。
値段を言うと、驚きもせず「そんなもんだね。ぼられてないよ。」と返ってくる。

本当かどうかは分からない。

この髪型は2週間保ちたかった。
髪の毛を洗っていたが、フケが目立つようになってきたため、10日で断念。

ほどいてもらう図

同期隊員にほどいてもらい、髪の毛を洗うと抜ける。
予想以上に抜ける。
おいおいと思いながらも抜ける。

よくドラマで抗がん剤を飲んだ副作用で髪の毛が抜けるシーンがあるが、まさにそんな感じだった。

ベナンの髪型もこれで最後。
思い残すことはない。








ある日のベナン

ベナンに住んでいると、日本では考えも及ばない「えっ?」っていう事が沢山ある。

つっ込みどころは満載。

少し写真にて紹介。

かばん屋さん
道端のかばん屋さん
上にあるカバンはいちいち木登りして取るのか?
毎日どうやってカバンを並べているのだろう?


バイクに乗っています。
とあるバイクの後ろ姿。
ガソリンを入れるためのポリタンクを運んでいるが、詰め過ぎ・・・。


事故?
高架下の道路にて
大きなトラックの荷台がずれ落ちて修理中。
かなりの道幅を占領しているが、気に留めることなくバイクやタクシーがわきを通りぬける。
車の故障は日常茶飯事。


お昼寝
バイクタクシーの運転手さんのお昼寝姿
寝ぼけて転落することはないのだろうか?
運転手さん達のこの姿はよく見かける。

女性の魅力

さてなんでしょう?

きれいなビーズを重ねたもの。
これ一体何だと思いますか?

一見ネックレスのようですが。
実はこれ、女性が腰に巻くネックレスなのです(腰だからネックレスとは言わないか・・・。)
腰ひもかな?

大きなたらいに入っていて、この状態でマダム達が頭に載せて売り歩いている。
糸にただビーズを通しただけ。
1本 100cfa(約20円)~と安い。

腰骨に引っかかるように細いものなら幾重に、太ければ1本巻く。


ベナンでは性行為の時、女性がこの腰ひもをつけていると、より魅力的に見え男性はさらに興奮するのだそう。
だから、ベナン人男性はこのアクセサリーが好きらしい。
病院の家族計画課にいた時、受診に来たほとんどの女性が付けていた。

確かに真っ黒な肌に鮮やかなビーズの色は映えるし、くびれたウエストには色っぽく見えるかもしれないと納得。
ウエストがくびれていない女性も多いけど・・・。
でも、みんな旦那さんからより魅力的に見られるように頑張ってるんだなと思うと微笑ましかった。

ちなみに噂では、一般的にベナン人男性はふくよかな女性を好み、女性のわき毛にも魅力を感じるという。
ベナンの女性はわき毛を剃らない。
さすがにこれは共感できない。
でも、この違いは本当に面白い。

いずれにせよ、やせ気味でわき毛を剃っている私は、ベナン人男性の好みではないということだけは明らかなようだ。


下着
余談だけど、女性の下着も頭に載せて売っている。(新しいもの)
売り子さん曰く、ベナン人女性はTバック系が好みらしい。

雨季真っただ中

ベナンは雨季に入った。

4月末から少しずつ、雨の頻度が増えてきた。
雨が降ると気温は下がるが、雨の間の晴れ間は半端なく暑い。

雨の前には、晴れていても急に雲が出て強い風が吹く。
その後周りの全ての音をかき消すように「ザーッ」と激しく降る。

しとしと半日以上降ることもあれば、1日に何度も晴れ間と強い雨を繰り返すことも。

雨が降ると道は洪水になり、多くの長屋は浸水する。
それが雨季の日常で、みんな平気で水たまりに入り歩いていく。
なんの混乱もきたさない。

では色んな水たまりを一挙公開。

水たまり バイク
バイクも躊躇なくつっこんでいく。


水たまり 道
毎日ビーチサンダルで過ごすベナン人。
こんな時、さらに役立つ。


水たまり 長屋
長屋にて

雨季の日常のひとコマでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。