monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北部旅行 その4~お食事編~

今回の旅行で食べたベナン食。

2月22日 
ナティティングーへ向かうバスにて。
一応昼休憩があったので、昼ご飯。

この付近は「イニヤムピレー」が有名。
それは、キャッサバという巨大な芋をふかして、ウスに入れ女性数人でリズムを刻みながら突く。
日本でいうもちつきをもっとリズミカルにした感じ。

イニヤムピレに煮込んだ羊肉やチーズを揚げたもの・オクラ等をトッピング。
そして、トマトソースをかけて食べる。
トマトソースは定番メニュー。
ベナン人は3食・毎日トマトソースでも普通である。

イニヤムピレー1
丸いものが「イニヤムピレー」

ベナンでは量によって値段が変わる。
イニヤムピレーが200F分 揚げたチーズ1つ50F
おモチほど粘りはないが、なめらかで柔らかく美味しかった。
名産だけあって、コトヌで食べるものより美味。
手で食べる。


夜ご飯はみんなでホロホロ鳥を食べに行く。

南ではホロホロ鳥はほとんど存在しない。
普通の鶏より大きくて身は柔らかかった。
ホロホロ鳥
この鶏を食べ始めると、みんな無口になる。

2月23日
パンジャリ公園内のホテルで昼食。
これは完全に白人向けの食事で、ベナン食とは言えないと思う。
鶏を「マジー」と呼ばれるコンソメの素を使って煮込んでいる気がした。
ヨボ(白人)食


でも骨からお肉がホロっと外れて美味しい。
が、4000F。
高い!!

夜はハプニングでいらいらしたので撮影していない。

2月24日
夜、みんなで野外飲み屋(ビュベット)で飲み物を飲んでいる時、売り子のおばさんから購入。
マカロニ

定番のトマトソースをそうめんのような細麺パスタとマカロニ・ご飯を混ぜたものにからめてある。
その上に、トウガラシの入った辛いソースをかけて、卵をトッピング。

パスタとマカロニの混ぜたものが100F分 卵が100F。

緑の物は菜っ葉のような野菜だった。
コトヌでは野菜は入っていない。

ちなみにベナンの定番トマトソース。
日本で食べられているような味ではない。
トマトピューレを油で煮込んだ感じである。
かなり脂っこい。
唐辛子も入っていてややピリ辛。
玉ねぎやニンニク、乾燥エビをすりつぶしたものを加えるなど、家庭によって味が違い、具材も変わる。

細麺パスタはアルデンテではなく、やわらかい。

というのがベナン食の常識。

2月25日
ナティティングーの丘で、美味しいお肉の串刺し・・・の代わりに食べたホロホロ鳥。
クスクスという細かいぱさぱさした粒々とともに。
モロッコの名産らしいが、ベナンでも食べられている。
クスクス

鶏はおいしかった。
でもクスクスは、これでもかというくらい入っていて、見ただけでお腹がいっぱいになった。
あっさりしたトマトソースをかけて食べる。

最後の夜に食べた夜ご飯。
イニヤムピレー2


ここも「イニヤムピレー」が有名なお店。
美味しいと評判だけあって沢山のベナン人が食べに来ていた。
目の前で「イニヤム」をついている。
一人一人がリズムを取り、それが合わさってリズミカルな音を奏でる。
一種の芸術だと思う。
昔からそのリズムを受け継ぎながら、今に至っているのだと思うと昔の人間の知恵ってすごいなと思う。

このイニヤムは、非常に口当たりが軽くとても滑らかだった。
特にソースが美味。
定番のトマトソースでなく、ソース・アラシッドというピーナッツのソースである。
それに鶏肉や揚げたチーズなどをトッピングする。
トッピングもソースと共に煮込んであるため、さらに美味しかった。

似たようなものばかり・・・。
と思うかもしれないが、イニヤムピレーがご飯やマカロニやパット(トウモロコシの粉を練ったもの)に変わるだけで、トマトソースをかけて食べるのは同じである。

これがベナン食。

スポンサーサイト

北部旅行 その3 ~自然編~

北の方はハルマッタンが続いていて、向こうの景色はかすみがちだった。
でも気候はとても乾燥していて非常に暑かった。

バオバブ
バオバブの木  北ではいたるところに巨大バオバブが生えている。

唇・肌などはすぐにガサガサになる。
目もかなり乾いた。
鼻の中も舞う土でまっちゃっ茶である。

風があっても熱風で日中は全く涼しくなかった。
そんな猛暑の中で動物たちは生息し、人々は生活している。
北はイスラム教が主流で、早朝と夜にはコーランが聞こえた。

2月24日
ナティティングーへ戻る。
途中タンゲタの滝というところで滝をみる。

タンゲタ

タンゲタ2


この猛暑の中これだけの水量が保たれていることに感心する。
久々に冷たい水に足をつけ、涼しい思いをした。
動物が水場に集まる気持ちがわかる。

滝のお土産物屋さんにひっそりたたずむ彫り物。
愛嬌があるので撮ってみた。
木彫り



ナティティングーへ帰る途中。
北は、土壁で藁ぶきの丸い家が特徴。
かわいい家
家族ごとに丸い家が丸く並んでいてかわいい。

2月25日
ナティティングーの高い丘に登ってみる。
高い丘

丘からの眺め
南にはない山々

美味しいお肉の串刺しが食べれる店があるとのこと。
でも残念ながらお肉がなかった。

もう一つの別の滝へ。
別の滝
ひとしきり水浴びをした。


今回の旅で、また違うアフリカを体験できた。
特に日本人がイメージしているようなアフリカ。

地球は大きく、自然は偉大。
そして人間は小さい。

また良き同期に恵まれていることを実感できる旅でもあった。

日本でも北海道と沖縄が全く違うように、同じ国でも印象は全く違う。
ベナンの魅力をまた一つ知ることができました。

同期で





北部旅行 その2 ~サバンナ編~

翌日(2月23日~24日)

パンジャリという国立公園に行った。

ナティティングーから2時間ほどのブルキナファソとの国境近く。

木々  地図
木々の向こうに動物たちが・・・



わしのような鳥から始まり、わに、水浴びするカバの親子、水牛、イボイノシシ、マントヒヒ、大量のシカ、ゾウ、ライオンなどの動物を見ることができた。

カバ
水浴びをするカバ 水中に子ども2頭

ワニ
水辺に集まるワニ

イボイノシシ
逃げるイボイノシシ 後姿がセクシー

シカ
鹿の群れ

もののけ
まるでもののけ姫

ゾウ
木を食べるゾウ

ホロホロ
ホロホロ鳥


ライオン
メスライオン

やはり乾季で水場が限られているため、ポイントが分かりやすいようだ。
特にライオンは貴重で、なかなか見ることはできないらしい。

数メートル離れた場所で雌ライオンを見た。
すると、雌ライオンを怒って呼ぶ雄ライオンも出てきた。
想像していたようなたてがみはほとんど生えていなかったが、吠えた声は想像通りの迫力だった。

色んな観光客が乗った車とすれ違うたびに、お互い止めてガイド同士が情報交換するが、そのほとんどがライオンを見たかどうかの確認だった。
観光客はほぼ100%白人。

ちなみにベナンにキリンはいないらしい。
キリンのえさとなる木が生えていないからだそうだ。

さて、パンジャリでのホテルでハプニング。

スペイン大使館の御一行が私たちの予約していた部屋を取ってしまったのだ。
ダブルブッキング。
白人に比べたら日本人の格は低い。

悪びれるわけでもなく、無料だから野外食堂の床で寝なさいとのこと。
500メートル先にはライオンが出る。
公園と野外食堂の間にもちろん柵なんてない。
同期が懸命に交渉し、夜10時頃人数には足らないが、バンガローを割安で確保してくれた。
ホテル
ハプニング現場のホテル 北の家をモチーフにしてかわいい。

シャワー・トイレはすべてのバンガローと共同。
シャワー室の鍵は壊れていたし、トイレの電気は付かない。
なんでも経験である。


ハプニングはさておき・・・。
自然はすごいなと思った。
やはりここはアフリカ。
動物園でも人口サファリパークでもない。
自然にここに生息している生き物たちである。

夕焼け

ベナン北部旅行 その1

同期隊員13人と共にベナン北部を旅行した。

4泊5日の長旅である。

私が住むコトヌは大西洋を望む海沿いで、そこからブルキナファソ側に向かって北上する。
目的地であるナティティングーまで大型バスで約8時間の旅。

2月22日 早朝6時に出発。
夜明けが7時頃のためまだ真っ暗。

道端で眠っている人の多さに驚く。
浮浪者ではない。
外で寝る方が涼しいのか?
硬いコンクリートやぼこぼこの砂の上によく寝れるなぁと感心しつつ、起こさないように歩いた。

私たちが乗ったバスは中国製で比較的きれい。

バス
冷房が寒いくらい利いていた。

車高の高いバスからの眺めは、今まで通ったことのある道も、オンボロタクシーからの眺めとは全く違う。

沢山の木々が広がる大地の向こうには、果てしない地平線が見えた。

なんだか地球ってすごいと思える眺めだった。
木々の下で働くベナン人達は、おい茂る木々の遠い向こうに地平線が見えることを知っているのだろうかとふと思う。

何度かトイレ休憩をはさむが、少ないのであまり飲み食いしないほうがいい。

トイレは25Fで使用可能だが、ただのコンクリート床。
暗い中目を凝らすと壁の側面に小さな穴があって、どうもそこに流れていくしくみらしい。
一人終われば、バッシャーンと係りの人がバケツの水を掛ける。

トイレがあればいい方だが、ないところで止まることもある。
「野でしなさい。」ということ。
男性は楽だとつくづく思う。

5時間くらい走ったあたりで岩山が出てくる。
これまた大きな岩山で、エアーズロックのような一枚岩もあってとても壮大な眺めであった。

なぜ急に岩山が出てくるのか?
この大地がいったいどんな構造なのか?
どんな歴史をたどって今に至ったのか?

おそらくこれが先進地の観光地なら、そんな説明を聞きながらのツアーがあってもおかしくない規模のものだと思った。

夕方16時半ごろナティティングーに到着。

町並み

ナティティングーの町並み









世界遺産のある町

隊員の活動見学のため、アボメーという町に行った。
アボメーはベナン唯一の世界遺産がある。

私の住むコトヌからタクシーに揺られること4時間。
世界遺産の町だけあって、フランス人観光客も多いらしく、店なども多く結構栄えていた。

アボメーではかつて17世紀から1800年代終わりまでダホメー王国が栄えていた。
ベナンの南部に多くいるフォン族という部族による王国でヨーロッパ人との奴隷貿易によって栄えたと言われている。
その王宮跡の歴史博物館がユネスコ文化遺産に登録されている。

隊員は福祉センターに配属されている。

福祉センターでお母さん向けに離乳食講習を行っていた。
ベナンの離乳食はブイー。
ブイーにはいろんな種類がある。

母乳が基本で、6か月を目安に大豆を使用し始める。
福祉センターで作成しているブイーの粉を使用。
この粉は大豆を炒って粉にしたもの。
お湯にブイーの粉を溶かして、とろとろになるまで煮詰め砂糖を加える。

ブイー


残念なことに私が見学に行ったときは、参加者は一組。
とても協力的な母で、毎回講習会の手伝いに来てくれるらしい。

この母、以前別の隊員が見学に来た際に「頑張ろうな。」という日本語を教えてもらったらしく、何度も笑顔で連発する。
とてもかわいくて、笑顔で言われると本当に「頑張ろ。」と思えてくるのが不思議だ。
「頑張ろうな。」を合言葉に、隊員とともにブイーを作って、結局私たちが食べる。
大豆のブイーはきなこをとろとろに煮詰めた味でなかなか美味しかった。

その後、せっかく来てくれたので子どもの体重計測。
体重計測

地方ではこのような体重計を使用している。
かわいい。

余談だが、福祉センターに張ってあったポスター。
性器切除

女性の性器切除撲滅を訴えるもの。
「女性の性器切除は犯罪です」と書いてある。
ベナンでも昔、女性の性器切除も行われていたが、今は法律で禁止されている。
これは感染症や妊娠・分娩時の母体への影響のため、数年前に法律化されたらしい。

コトヌでは見かけなかったポスターだが、地方ではまだ性器切除が残っているのだろうか。


コトヌでは沢山の人目があるので、気軽に取れない写真をアボメーで撮ってみた。

頑張ろうなかあさんが子どものオムツを換えるところ。
おむつの付け方

ベナンの母は、子どもを膝の上にうつぶせにさせてオムツを交換する。
日本のように座敷で生活する習慣がないため、仰向けに寝かせて交換することはない。
うつぶせなら転がり落ちにくい。
どんな所にいても母の膝の上なら交換は可能だ。
子どもも嫌がることなく、上手にバランスを取ってうつぶせになる。

オムツは民族衣装や洋服の余り布を使用している。
布の上に、ビニールのようなカバーを付けて、パンツをはく。
ビニールカバーはないことも多い。
オムツ自体付けてないことも多い。
そのため、抱くときはおしっこ・うんこ覚悟である。

私が住むコトヌでは、少しお金持ちになると紙おむつを使用している姿も見かけるが、地方では全くない。

福祉センターに売りに立ち寄ってくれたタピオカの売り子さん。
何でも頭に1 何でも頭に2



ベナンでは荷物はなんでも頭の上にのせて運ぶ。
子どもも大人も頭に大きな荷物を載せる。
何十キロという単位である。
売り子さんも道具一式をすべて頭の上にのせて、歩いている。
呼び止めるとその場で頭から荷物を下ろし、売ってくれる。

私の家の近くにはこのタピオカの売り子さんはいないので、初めて食べた。
小粒のタピオカを水で戻したものに、砂糖と練乳と氷をかけてくれる。
これを混ぜて食べる。
微妙にココナッツが入っていて、素朴に美味しい。
みんな小腹がすいた時などに食べていた。
タピオカ


せっかくなので世界遺産と言われる歴史博物館にも足を運んだ。
世界遺産にしては地味で、ユネスコの看板があるから分かるという感じである。
中は写真撮影禁止のため、外だけ写真に収めてみた。
世界遺産


王国の名残という土壁の外壁がところどころに残っていた。
博物館も高い土壁で囲まれていて、外からは敷地内を見ることはできない。
広い敷地に歴代の王についての説明や戦闘時の衣装、奴隷貿易で得た銃や装飾品など、様々な品が展示されている。

展示品はきちんとガラスケースに入れて展示されていて、手入れが施されている感じだった。

一応フランス語のガイドさんがついてくれたが、残念ながら難しく内容はあまり理解できなかった。

ユネスコ看板
唯一、世界遺産を示している看板。

外では早速子どもたちが、一人で写真を撮っている白人を見つけてかけ寄ってきた。
カメラを向けるとそれぞれが自由にポーズを取る。
kodomo1

観光地のためか、さすがにカメラ慣れしていた。
特に男の子はカンフーらしいポーズをよく取る。
おもしろい。

ベナンの中にひっそりと佇む世界遺産。
また、新たな一面を知ることができた旅だった。


kodomo2

Bouillie

近頃、私の朝はコーヒーならぬBouillie(ブイー)から始まる。

家から徒歩1分の道端に午前中だけ店を構えている。

ブイーとは、トウモロコシの粉でできた小さな粒をお湯で溶いた感じのもの。
日本で言えばお粥に似ている。
それに大スプーン一杯くらいの砂糖を加えて食べるのが一般的。
少しどろっとしていて、癖はなくほのかな酸味と砂糖の甘味がきいて素朴な味。

ブイー


それに「ベニエ」と呼ばれる丸い揚げパンのような物を添えて食べる。
ほんのり甘く、こちらも素朴。
ブイーの隣で恰幅の良いマダムが「ベニエ」を炭火で揚げている。
40リットルのごみ箱いっぱいに種が仕込んである。

当然だが、ごみ箱と言ってもごみ箱として使用されたものではない。

慣れた手つきでリズミカルに、小麦粉を練ったものを右手で鶏卵大程度の大きさにつかんで油に投げ込んでいる。
その均一さは、まるで牛丼チェーン店のベテラン店員が量りを使わなくとも一定のグラム数の具をかける姿を連想させる。

まさしく職人技。

職人技

お皿にアルミの器に入ったブイーとベニエが乗ってくる。
私がいつも食べるのはブイー50F分とベニエ2個(1個25F)である。
計100F(日本円で約25円)
ベニエを一つおまけしてくれることもある。
それで私はお腹いっぱいになる。

ブイーはベナンの人々にとっては朝食の役割を果たす。
非常にたくさんのベナン人が食べに来る。

食べにくるというより、ベナン人にとってブイーは飲み物らしい。
スプーンで砂糖を小刻みにかきまぜたら、器に口を付けて飲んでいる。

話好きなベナン人もさすがに朝は慌ただしいらしい。
みんな無言でブイーを啜り、去っていく。
日本でいうところの駅の立ち食いそば的な雰囲気に近い。

その場で食べていく人もいれば、自分専用の入れ物を持参してお持ち帰りする人も多い。
どうやら職場で食べるようだ。

慌ただしく人が入れ替わり立ち替わりする中を、道端で人の行き交いを眺めつつ、朝もやを感じながら食べるブイーが、私は好きである。

ヨボ(白人)がベナン人に混じってブイーを食べる姿は滑稽らしく、じっと見てくる人もいれば、微笑ましい顔をする人もいる。
「このアフリカの食べ物を、あなたは好きなのか?」と嬉しそうに聞いてくる人もいる。
当然、無関心の人もいる。

そんなベナン人の色んな反応を見るのも楽しみの一つだ。

そして何より、恰幅の良い店のマダム達が嬉しそうにする。
彼女たちはフォン語しか話さない。
私が簡単なフォン語で挨拶すると、毎回嬉しそうに反応する。

時に馬鹿にされているのではと感じるはしゃぎぶりの時もあるが、ほぼ喜んでいると解釈している。

フランス植民地であった背景から、ベナンの公用語はフランス語である。
しかし、教育を受けることができない人たちもまだ沢山いる現状だ。
そのため、現地語しか話せない人も多い。

現地語も色んな言語があり、場所によってはベナン人同士でも言葉が通じないこともあるらしい。
現地語で統一された決まった言語はない。
南部ではフォン語がよく使われている。

簡単な挨拶しかできないが、それでも彼らは非常に喜ぶ。
ベナン人に心を開いてもらうコツでもある。

フランス語を話しても、積極的に教えてくれる姿勢はほとんど感じないが、フォン語は違う。
そんなに沢山覚えきれないというほど、教えてくれる。
しかも、嬉しそうに。
毎日、現地語の威力を感じている。

逆に考えると、母国語が日本語で統一されている日本はすごいなと思う。

島国で面積も小さいからかもしれないが、国内のどこへ行っても共通した言語で会話ができる。

ちなみにベナンに来て、フランス語や現地語に囲まれて過ごしていると、いつの間にか日本語は心のよりどころになっている。
本や、ドラマや映画を見て日本語に囲まれるとほっとする。

日本人にとって、日本語が心安らぐ言語であるのと同じように、ベナン人にとってはそれぞれの現地語が彼らの思いを馳せる故郷の言葉なのだ。
少なくともフランス語ではない。

現地語に嬉しそうに反応するベナン人を見ていると、歴史が彼らに及ぼした影響の大きさと重みを実感する。
同時に、かつて日本が日本語を話すように強いてきた国々を重ねて考える。

現地語を話した時の彼らの嬉しそうな表情が、私は好きである。
それが当たり前の反応である。

そんなことを感じつつ、私は今日もブイーを食べて1日を迎える。

親子



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。