monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃の調子

近頃胃の調子がよくなかった。

確実に食後、胃がもたれる。
そんなに量は食べていないのに。

便も柔らかく、なにかおかしい。

そう思いつつ、関係者の歓送迎会などレストランで食べる機会が多かった。
カレー、ナン、ピザ、パスタ、揚げ物など。
全体的に脂っこい料理の日々が続いた。

そうすると胃痛の波が襲ってくる。

やはりおかしいと病院へ。

すると・・・。

「ランブル鞭毛虫」という虫がいた。
世界中によくいる寄生虫らしい。
隊員の帰国時便検査で指摘される寄生虫ではトップ。

私は、屋台でいろんな物を食べているので、何が原因かは分からない。
虫下しを飲み、ましになった。
虫退治の薬


なんでも経験である。

人によっては
「アルコールを飲んで消毒していればいい。」とか
「虫を飼っている方が健康なんだ。」とか
「虫が栄養を摂るから痩せていくよ。」とか
体験談とも他人事ともとれるアドバイスを沢山いただいた。

実際のところ何がいいのかよく分からない。
しかし、共存しても自分にメリットはない気がした。
治療済みにも関わらず、それを知っている隊員たちは私のことを「虫がいる。」と現在形で話す。
「もういないよ。」とそのたびに答えている。

でも、いなくなった気配がしないのは気のせいだろうか?

スポンサーサイト

髪結い

ベナン風の髪型にチャレンジした。

ベナン人女性の髪型は目まぐるしく変化する。

例えば2週間ごとに。
例えば1か月ごとに。

ベナンに限らずアフリカの人々の髪の毛はとてもくせの強い巻き毛。
いわゆる縮れ毛。
そのため、髪の毛を伸ばすとフワッもしくはぼわっと広がる。
日本人のストレートはうらやましがられる。
「ちょうだい」と時々言われる。

そのまま一つにまとめている人もいるが、子どもから大人まで多くは編みこんだり、つけ毛をするなどしてきれいに仕上げている。
とてもおしゃれ。

メニュー


ベナンの場合、男性は短く刈っているだけ。
他国の男性はつけ毛をして伸ばしている人もいる。

道端でしている場合もあれば、coiffeure(理髪師) coiffeuse(美容師)と呼ばれる髪結い屋さんでする場合もある。

器用に手早く、独特の模様を髪の毛で描いていく。
店の前にて

編みこむ



とても強く編んでいるので、そのまま眠っても崩れない。
形が崩れるので洗髪はできない。
当然かゆくなってくるが、頭を叩いてかゆみを抑える。

雨が降れば、シャワーキャップをかぶり髪型を保護する。

髪型が変わると印象がガラッと変わる。
若返ったり、老けてみたり。
そのため道端で出会うと誰か分からないこともよくある。

道端につけ毛が落ちていることも頻繁でギョッとする。

今回私はつけ毛をせず、自分の髪の毛だけで編んでもらった。
初めに行った髪結い屋さんでは「つるつる滑って編めない。」と言われ、その人の先生の所へ連れて行かれた。

大通りを一歩入ったただの民家で、どこに連れて行くのか不安になったが、身をゆだねる覚悟でついて行った。

そこのマダムは、きちんと結ってくれた。
所要時間約2時間。
美容院のような座り心地を重視したイスではなく、背もたれなしの腰掛けに座りひたすら頭を傾ける。
少し肩が凝ったが、マダムは休憩なし、座ることなしで2時間。
価格は少し値切って1300F。

これが出来上がった頭。
私の頭

しっかりと編みこまれているので、顔の皮膚がひきつり少々人相が変わってしまった。
でも、芸術作品。
強く編みすぎて頭が痛いときは、鎮痛剤を飲んで耐えるらしい。
幸い私はそこまで痛みはなかった。

町を歩くとこれまた色んな人が「きれいだね。」と頭を褒めてくれる。

調子に乗って、せっかくなので近所の人や職場の人にも見せに行った。
みんな喜んで見てくれた。
不思議なことに口をそろえて「いくらした?」と聞いてくる。

その値段を高いという人もいれば、普通という人もいる。
結局はよく分からなかったが、安くはないらしい。
つけ毛をつけた別の隊員は約5000Fとのこと。

上の方でまとめているので、眠る時も邪魔にならない。
シャワーを浴びるのもかなりらくである。
始めは頭を洗わなかったが、少しかゆみが出てきたため3日目から地肌だけをシャンプーでこすり全体を洗ってみた。
それでかゆみもほとんどなくなり、約一週間保った。

ベナン人は1か月くらい保っている。
色んな意味ですごいなと思う。
外した時、細かく編んでいるので、すごい状態になった。
でも、シャワーを浴びるとあっという間に元通り。

ちなみにつけ毛をしている同僚達の髪型を撮らせてもらった。

マダムアイコ
かつら風に見えるが、上からかぶせているわけではない。
このつけ毛は、地毛を編みこみ、そこに少し太めの針で髪の毛のパーツを縫いこんでいく。
だから、いくら風が吹こうと崩れることはない。


髪形1

マダムランドルフ
これは自分の髪の毛に無数の三つ編みの束を付けている。


マダム カンディッド
後ろにお団子を付けた図


色んな髪型に気軽にチャレンジできるのでうらやましい。
次回はいつになるだろうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。