monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥々ベナンへ

夫が日本からベナンに来てくれた。

日本からフランスまで12時間。
フランスで一泊。
フランスからベナンまで6時間。

飛行時間だけでトータル18時間。

自分の荷物は着替えだけ。
8割は日本食やそれ以外の私や友人から頼まれたもの。
重かっただろうに。

片言の英語で、わけのわからないフランス語圏によく来たものだ。

会うのは1年4か月ぶり。
5泊6日の滞在。
といっても、初日はベナンに到着するのが19時過ぎのため、ほとんどないに等しい。

電話やスカイプで連絡を取っていたものの、ベナンへ来る実感が湧かなかった。
というか湧かないようにしていたのかもしれない。

あまり楽しみにしても、帰国する時の落ち込みが怖かったので、努めて期待せず考えないようにしていた。


夫婦なのに会う前は何となく緊張した。
でも、その緊張が一気に吹き飛ぶ出来事が起こった。

ベナンへ入国の際に、パスポートを人質に職員から賄賂を求められたのだ!
パスポートを渡してもらわなければ、前に進むことはできない。
結局、夫が私のために日本から持ってきた貴重な某有名キャラメル一袋が犠牲となった。

もちろん、相手はとても喜んでいたらしい。
そうでしょうとも!
袋からキャラメルに至るまで、日本の精密かつ丁寧な技術で作られたものですもの。

そんな細やかさまで感じることなく、そして、ベナンにいる私がそれを待ちわびてきた気持ちも知らず、彼らはあっけなく口に放り込むことを考えると、憤りは尽きない・・・。

いつぞやの憤りがふつふつと蘇った。(任国外旅行ガボン参照)

キャラメルのことは別としても、ベナンという国の入り口で、こんなことが平然と行われていることは本当に残念。

それでどれだけ国の印象が変わることか・・・。


そんなこんなで、空港から出てきたときにはほっと一安心だった。

しかし、残念なことに夫のベナンに対する印象は最悪だったようだ。

そんなマイナスから始まったベナン滞在。
でも、それ以降は大きな事件もなく穏やかに過ごすことができた。

遠出をすることはなかったが、私を取り巻く人々に会ってもらい、私の住む環境を知ってもらって良かったと思う。

結局、最後まで夫と一緒にベナンへいることの実感が湧かないままだった。
いつも一人でいる家に、夫がいることがとても不思議だった。

でも、気がつけば私は、ベナンの家に住む準備をするとき、夫用のサンダルと2人分の食器を無意識に準備していた。
今思えば、たった5泊のためにと自分でもおかしくなる。

私の職場の同僚達は、夫のためにフルーツや飲み物を準備して歓迎してくれた。
何か月も前から「いつ来るのか?」と楽しみにしてくれていたのだ。

夫が来たことで、色んな人の優しさに改めて触れることができて良かったと思う。

今まで、日本に帰りたいと思ったことは一度もなかった。
私は、家族が理解を示してくれたおかげで、貴重な2年間をベナンで過ごす機会を得ることができた。
だからその分、大事に過ごそうと思って生活してきた。


夫が来なければ、その勢いで過ごしていたはずだった。

でも夫が来て以来、どうも里心が付いてしまったらしく、初めて帰りたいと思った。
今まで安定していた部分の気持ちが、揺さぶられたようだ。
予想していたものの、現実にそうなると自分でも戸惑った。

でも、家族が来るとそうなるものらしい。
私の反応は正常のようだ。

今は自分の気持ちをコントロールしようと、もがいている。
それも、私にとっては必要だったことで、夫が来たから感じることができたこと。

日本で色んなものを買いに走ってくれた家族や友人たちに感謝。
遥々ベナンへ来てくれたこと、たくさんの日本からの荷物を抱えてきてくれた夫に感謝。
今もなお、私の行動に理解を示し、見守ってくれていることも、もちろん感謝。

たくさんの感謝をみんなに捧げて、あと8カ月後には元気で帰国できるように頑張ります。




スポンサーサイト

ダンボ ~水上集落~

ダンボには、水上集落もしくは雨季だけ水に浸かってしまう集落がある。

水が少なくなってきていたが、なんとか無くなる前に見に行くことができた。

湿原
湿地帯が続く。


住民は船をこいで移動。
船で移動



水上に家畜
水上でもちゃんと畑があり、家畜も飼っている。

水上に畑


温泉も出る
温水


ここの人たちはみんな気さくで、私たちに手を振ってくれる。
観光していても心地よかった。
子どもたち

牛の群れ
のどかに牛


昼寝
のどかな午後のひと時


水上集落を離れて眺めの良い高台へ
高台から


ダンボ ~豚肉を食するまで~

金曜日 仕事が終わってから同期隊員の任地へ遊びに行く。
雨季には水が溜まり、湿地帯になる土地。
そのため、水のある雨季が見どころ。

今は雨季が終わり水が乾きかけ。
その前に行っておかないと、来年はもうベナンにいない。
と、無計画に思い立つ。

コトヌからタクシーにて約2時間。
首都ポルトノボから約1時間。
「ダンボ」という町。

大きな道を横にそれると、急に土道になる。
土道

翌日、早朝に豚肉屋さんの豚をと殺・解体を見学できるとのことで行ってみる。
鶏をと殺する場面は見たことがあるが、今回は少し規模が大きくなる。

見たい気持ち半分、見たくない気持ち半分。
でも、私の元気な体があるのは数えきれない命をいただいてきたからこそ。

目をそらしてはいけない。

(でも、不快な気持になる人は途中で読むのを止めてくださいね。)

そんな私の思いとは裏腹に、つながれた2匹の豚はのんきに草を嗅ぎまわり、食べるものを探していた。

どうやら事前にその日のと殺担当者とそのお手伝い役が決められているようだ。
片足をつながれた1匹の豚に近づくと、ようやくただならぬ気配を感じたらしく、鳴いて逃げようとする。

それを捉え、男性3人がかりで豚を押さえつける。
悲痛な鳴き声はいよいよピークに達し、何とも言えない気持ちになる。

包丁でのどを一突きすると、息が途絶えるまで豚は大きな呼吸を数回する。
その呼吸のたびに、喉から鮮血が溢れる。
豚の血
この血は、焼いたお肉を付けるソースになる。

命が途絶える瞬間が過ぎると、豚ももう苦しい思いはしていないのだと少しほっとする。
それからは不思議と生き物ではなく食べ物としか見えなくなってくる。

豚の毛を刈りやすくするために、一旦表面をあぶる。
あぶりながら、手早く毛を刈る。
毛を取る


ベナン人も暑い中、たくさん汗をかきながら作業している。
処理をする前に、ソダビ(地酒)をロックであおって気合いを入れる。


石鹸で洗う
きれいに毛を刈った後、石鹸で全身を洗ってきれいにする。


切断
そのあと切断。

身も腸も新鮮なためとてもきれいだった
どこも余すことなく食べるために使う
腸


体は大きいが、ほとんどが臓器でお肉は意外と少なかった
おそらくこの1匹で1日分
焼く前

おそらく明日と殺されるであろう豚の目の前で作業が行われていた。
それでも、豚は気にすることなく、のんきに草中の餌を探していた。

目の前で起きていることを察知すれば、恐怖におののき精神的におかしくなってしまう。
そこまで考えて神様は豚を含め動物の知能の発育を抑えたのだろうか?

視点はずれているが、なぜかそんなことをきっかけに自然の摂理はうまくできていると感心してしまう。

あの悲痛な鳴き声を聞いてさらに、命をいただくということの重みが増した。

小さい頃からこの場面が日常で営まれているベナン人たちは、今更そんな事を意識する間でもなく、きれいに骨の髄まで食べることが当たり前になっているのだ。

豚肉
炭火であぶった豚肉とその血で作ったソース
血の味や臭みは全くない。












手を洗いましょう!

朝、出勤してみると正門が何やら騒がしい。

気になって見に行ってみると、いつの間にか野外に大きな屋根付きの会場がセッティング。
来賓用に、どうやって移動してきたのか大きなソファがいくつも用意されている。

見慣れないポスターも。
ポスター
~家族の幸せのために、石鹸で手を洗います~

広報車
啓発のための舞台兼広報車


これで何となく状況がわかってきた。

同僚に聞いてみると「手洗いを啓発するためのイベント」が開催されるらしい。

ベナン人には「事前に報告もしくは準備」という感覚がない気がする。
いつも知らされるのは当日。
しかもこちらから聞かないと知らされないことが多い。

ストライキも、当日出勤してみんながいないことに気づくくらい。
誰も事前には教えてくれない。

それは日常茶飯事、そしてもう慣れっこ。

それなら、今日は出席してみよう!
と気持を切り換える。

このイベントは昨年始まって、今年は2回目。
各年ごとに、会場は変わるらしく偶然今年は私の配属先の病院だったらしい。

イベントにはベナン保健省、ユニセフなど国や世界の機関も関わっているらしく来賓も多かった。
場にそぐわない仰々しいソファもそのためだったのだ。

垂れ幕
10月15日は国際手洗いデー

関係者はお揃いの帽子・Tシャツを着て、忙しく動き回っている。
スタッフTシャツ
テレビ局も多数。

だいたい時間どおりに開始。
ベナンの伝統的踊りを披露して、手洗いを啓発する寸劇。
来賓の挨拶。
来賓に手洗いを実践してもらう。
というのが一連の流れ。

啓発の内容は
「なぜ手洗いが必要か?」
・おなかの調子を悪くしたり、下痢を引き起こす
・成長の妨げになる病気を引き起こす

「手を洗うとどんな効果が?」
・病気を避ける
・健康になり、元気に学校に通える
・早く健やかに成長する

「どんな時に手を洗う?」
・赤ちゃんの排せつを処理した後
・食事の準備の前
・赤ちゃんに食べ物を与える前
・トイレに行った時
・食べる前

ということを強く伝えていた。
一般の住民に伝える内容としては、わかりやすくて良かったと思う。

ベナンは日本のように水道が至る所にはない。
野外食堂を開いている人も、大きなたらいにお金を支払って水を汲んでくる。


公共の施設でも水道は少なく、あっても鍵をかけて一般的には使えないこともある。
医療機関ですら水道が壊れていて、ため水で洗っていることも多い。
断水もしばしばで、手を洗いたくても洗えないこともある。

ベナン人はスプーンなどを使わず、直接手で食事をする習慣がある。
野外食堂には、手洗い用の洗剤を薄めた石鹸と水が常に置いてある。
そのシステムはいいなぁと常々思っていた。
試しに
来賓の人も試しに手洗い

だから、この手洗いバケツセットは便利だなと思った。

イベントとしては良かったが、残念な点もあった。

せっかく良い啓発内容なのに、その聴衆が会場となった病院関係者がほとんどだったこと。
一般の住民に聞いてほしかった。

便利そうな手洗いバケツセットは、その開催会場にいくつか寄付されるらしいが、この病院はまだ設備が整っている方だ。
もっと他に必要としている施設はあるはず。

改善点はあるものの、始めたことには大きな意義がある。
今後もこのイベントが続くことを願う。

試しに私も
私も指名され、手洗い。
テレビで放映されたらしく、翌日数人に声をかけられた。


手洗いをして、健やかに大きくなってね~
手を洗って元気に

歯みがきの木

歯ブラシたち
さて、この割りばしのような木の棒
何のためのものでしょうか?

一番小さいまとまりで25cfa(約5円)

正解は歯ブラシ。

ベナン人は道を歩きながら、タクシーを運転しながら、歯を磨いている。
ベナンに限らず、アフリカ諸国、西インド近辺まで使用しているらしい。

日本のような歯ブラシもスーパーに行けば売っているが、そこら辺を歩いている人はよくこの歯ブラシを使っている。

前から気になっていたので、一度使ってみた。
まず口に含んで、唾液で木を柔らかくしながら噛んでいると潰れてくる。

不思議なことにこの木は潰れると、歯ブラシの毛のように小さな繊維状となる。
使ってみた
こんな状態にするには結構噛むため、あごの力が必要。

この状態で、歯を磨く。
歯ブラシでいえば「かため」
少し苦い味がするが、意外に歯はつるつるになった。
繊維が歯の間に入り込み、十分歯ブラシと同様の効果がある。
きれいになると思えば、少々の苦味は我慢できる。


作業場
もとの木がどんなものか分からないが、地道に削って程よい大きさに整えている。

現地語では「アロ」
フランス語では「つまようじ」という意味の単語が使われている。
この歯磨きの木、ちゃんと浄化作用があるらしい。
昔からの知恵ってすごいなと思う。

こんな感じでくわえている
こんな感じでくわえて器用に口を動かしながら歩いている。



サケテ

残りの任期の方が短くなってきたため、せめて隊員がいる任地を見ておきたいという気持ちから、週末を利用して地方へ出かけることが多くなった。

雨季に降った水が、きれいな景色を織りなしている間となると期間も限られる。
今はほとんど雨季は終わり、乾季に入っている。

コトヌからタクシーで約2時間。
「サケテ」という町。

ここの住民はイスラム教の人が多く、地方にしては大きなモスクがある。
モスケ


凧揚げ
電柱にひっかかっていた凧
スーパーの袋で作成
アフリカでも凧揚げするんですね。

この町はブードゥ教がさかんな町
儀式をした跡
ブードゥ

川で洗濯をする家族 お父さんもごしごし
川で洗濯

水浴び
洗濯の隣で水浴び


河2
サケテから少し北に入ったところ
これでも水は少なくなっているらしい

土道
このあたりの道はどこも土道


大きな魚
川ではこんな魚が釣れるらしい

丸太をくりぬいた船
彼らの船は丸太をくり抜いただけ
至ってシンプル


バナナの木のトンネル
今はバナナがたくさん実っている
バナナの木の下


サケテはこんな感じでした
水を運ぶ少年




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。