monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北部旅行~マランビル・W国立公園編~

旅が続きます。

今回は5泊6日と大がかりな国内旅行。
現職参加制度を利用して、協力隊に参加していた同期隊員3名が3月に帰国するため。

最後に同期隊員全員で旅行しておこうということになった。

と言っても、14人の大所帯のため全員が集まることはできず、うち2日間以外はそれぞれオプショングループ行動に。

私はまずマランビルというニジェールとの国境の町へ。
私の住むコトヌーから約760キロ。
バスだと約13時間の道のり。
この町まできれいなコンクリートの道が舗装されている。

乾季で日中の気温は高く、空気はかなり乾燥。
湿度が低すぎて、冷えた飲み物も水滴がつかない。
実際、汗はかいているはずなのに、服が湿らない。

日中は少し歩いただけですぐにのどが渇き、常に水分を欲している感じになる。
目や唇、肌もケアをしないとカサカサになる。
洗濯物は1時間もあれば乾いてしまう。

日が陰ってきた頃の日陰の温度で約45度。
シアバタークリーム(人肌の温度で溶けてなじむクリーム)を持ってきた隊員がいたが、マランビルに滞在している間は固形でなく、オイル状と化していた。

今まで体験したことのない気候。

そんなマランビルの町。
青い空
雲ひとつない青い空


トラックの列

舗装道路沿いに町が栄えていて、道路の先が国境に続いている。
そのため、ニジェールナンバー、ベナンナンバーの大型トラックが列をなす。


町の人たちも民族が違うため、顔つきも違う。
雰囲気もベナンというよりニジェールの雰囲気。
青空飲み屋さんではニジェールビールも扱っていた。
ニジェールでのどが渇きすぎて死にそうになった時、助けてくれた飲むヨーグルトも見かけた。

牛の放牧

ベナン南部では牛の放牧やロバはあまり見かけないが、ニジェールではよく見かけた。
マランビル周辺にくるとよく見かける。

色んな国籍、民族が入り混じっている町。

国境
国境

ゲートがあるのみで特になにもない。
ゲートの向こうはニジェール川をまたぐ橋となっている。

ニジェール川
ニジェール川から国境の橋

ロバで国境越え
これから国境越えます。

旧国境
今の国境の向かいに旧の国境 こんな閉鎖で大丈夫?

SIDAとはフランス語でエイズのこと。
国境周辺はHIVが蔓延しやすいと言われている。
啓発の看板が多かった。
さらに、夜の市場ではコンドームを販売する売り子さんも多かった。
エイズ1
エイズの危険のない旅行を

エイズ2
性の乱れは必ずエイズにつながります。

翌日はカリママ村にプル族という民族に会いに行く。
プル族はもともと遊牧民族で、家畜の草を求めて移動するらしい。
沢山のアクセサリーと色鮮やかな衣装を身にまとい、独特な雰囲気を醸し出している。
写真を撮ることは嫌がるので、道で出会った人は了承を得られなかった。

家
プル族の集落

プル族
家を見せてくれた家族


最後は、動物を見るためW国立公園へ。
W国立公園はニジェール、ブルキナファソ、ベナン3国にまたがる公園。
名前の由来は、公園内のニジェール川がWのように蛇行して流れているため。

うちニジェール国内の一部分が世界遺産に登録されているらしい。
敷地は広大で、実際色んな動物が生息しているとのこと。

が、しかし、レンタカーの運転手さんが遅刻したおかげで、動物を観測できる時間はあっけなく過ぎ去り、私たちは数えるほどの動物しか見ることができなかった・・・。
パーク内
パーク内はこんな道をずっと走る。

今回の旅はあまりにも暑すぎて、水分ばっかり飲んで夏バテ状態。
もちろん冷蔵庫で冷えた飲み物を飲める機会は少なく、体力的にきつかった・・・。
ハプニングは色々あったけど、ニジェールを思い出す旅でした。










スポンサーサイト

ゾボドメ・ボイコン

私と同じ時期にベナンへ派遣された隊員のいる、ゾボドメという村に行った。

同期隊員の彼女は学校の先生。
現職参加制度を利用して派遣されているため、私より3カ月早く帰国する。
帰国前、最後に任地を案内してもらった。

ゾボドメはコトヌーからタクシーで約3時間。
この村では、トマト、オクラ、玉ねぎなど限られた食材しか手に入らない。
タクシーで30分ほどのボイコンという町まで行けば、色んな野菜が手に入る。

彼女のベナンの友達が昼ご飯を作ってくれた。

昼ごはんでっせ~
鶏肉と玉ねぎ、赤と緑はトウガラシ

ベナンの人にとってはとても豪華な食事。
彼女と友達の共同出資とはいえ、おもてなしの気持ちが色んなところで伝わってきた。
ベナンの友達自身ももとは教養のある人達だと思うが、彼女が日頃から現地の人と上手に付き合い、信頼関係を築いてきたからこそのもてなし。

とても美味しく頂きました。
そして、本当に美味しかった。
ふるまってくれた人たち
向かって右側の女性が主に作ってくれました。
髪結い屋さんに行ってきたらしい。

日が少し陰ってきたころを見計らって、彼女の家から1時間ほど歩いたところにある河を見に行った。
村の集落を抜けると、畑や原っぱが続く。

こんな感じで祭っていました

ん?手前の物は何?

ブードゥ教?
伝統的宗教ブードゥ教の香りがする。
わけのわからないものが祭ってある。
誰もいないので写真を撮った。

ゾボドメの夕日
ゾボドメの夕日

1時間かけて到着した河は、底が見えるくらい水が澄んでいた。
でも、子どもたちが石鹸だらけの体で飛び込んで、遊んだりしていたから汚れていくのかなぁ。
写真は撮りませんでした。
すいません。

やっぱり田舎はいいなぁ。

翌日、ゾボドメからタクシーで30分のところにあるボイコンという町へ。
大きな市場があって、何でも手に入る。

大きなモスク
モスク2


モスクの前
モスク前はニジェール人もたくさんいて、売っているものも雰囲気も異国情緒あふれる感じ。


テレビに群がる人
何に群がってるの?と思ったらテレビだった。
たぶんセネガルの格闘技を見ていた。


アチャケ
お昼ごはんのアチャケ
イニヤムという芋の粉を湿らせてホロホロにしたもの。
クスクスの粒が大きい感じ。
油や塩、玉ねぎ、トウガラシ、マカロニ、揚げた魚などを混ぜて食べる。
くせがなくて美味しい。










La fête du service social  2年目

今年もこの季節がやってきた。

そう、私の配属先の同僚が取り仕切って行う、パーティーが催される季節。

もちろん平日、金曜日の午後。
社会サービス課の事務所が会場。
世間もしくは同じ病院内は仕事中であるにも関わらず、なぜか決行される。

昨年は1月に開催された。
私にとって今回が2回目そして最後。

1か月ほど前に日程が決まり、おそろいの布を同僚が準備してくれる。
日程は決まっていたが、布が配布されたのが遅く、日程の1週間前だった。
仕立屋さんを急かしてなんとか当日に間に合うように衣装を作ってもらった。

が、当日になっても同僚たちはいつも通りのテンション。
昨年はもっと、うきうきしていた。

「今日はパーティーでは?」と聞くと
「今日じゃないよ。」とあっさり。
反応からして、前から決まっていた感じがする。

牧師さんが休暇中らしい。
せっかく急いで衣装作ってもらったのに・・・。
せめて、前日にでも知らせて・・・。
でも、これは日常茶飯事。

結局3週間後にとり行われた。
昨年同様、社会サービス課の一番上の人(私のカウンターパート)は参加していない。
許可は取っているが、毎年参加しないらしい。
こういう時、微妙な職場の人間関係が見え隠れする。

金曜日の午後は時々病院でミサが行われる。
この日は社会サービス課が出資し、メインで行われた。
そして、よく知らない結婚何周年かを迎えた夫婦もメインだった。
一体 誰?

ミサ
ミサの最後 毎度同じく牧師さんも一緒に踊る

食事中
みんなで食事

本当は女性ばかりの課だが、この日はなぜか他の部署の男性職員も食事だけ食べにくる。

食事
豪華な食事
みんな鶏肉の骨の髄までチューチューする

体に悪そう
つまみとして出てきた体に悪そうな色のゼリー

ミサが終わって、乾杯もなく、それぞれ食事をしたらあっさり解散。

欠席していた同僚も何人かいて、昨年よりあっけなく感じた。
このパーティの開催意義がますます分からない。

でもきっと楽しければそれでいいのだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。