monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強盗事件発生!!

自宅から、徒歩30分のところで強盗事件が起きた。
夜20時30分ごろ、大手銀行2社に強盗が押し入り、合計約4億6000FCA 盗まれたらしい。犯人は約20名らしく現在も逃走中・・・。
信じられないことに1名も捕まっていない。

いつも騒々しい通りだが、騒々しさがいつもと違うことに気づいた。
「パン パン」と聞こえる音は「まさか銃声?」と思う反面、「いやいや、そんなことはないだろう。」と悪い方へ考えないようにしていた。
でも、なにかおかしい。

2階に住む同期隊員の窓から外を見ると、車と人が一方方行にしか流れていない。
銃声と思われる音がする方から、明らかに逃げている感じだ。

家のガードマンも無線で連絡を取り、同僚も駆けつけていた。
ガードマンを信じ、流れ弾が飛んでこないことを願いつつ、事務所の指示どおり家の中で待機。

発生直後、警察と軍隊が出動したらしいが、激しい銃撃戦だった。
こんなに間近で数え切れないほどの銃声を聞くとは思ってもみなかった。
出かけていなくて良かったと思った。
結局死者6名、負傷者17名。

強盗はHOMELの裏を流れる川を通って逃げるために、自然と私たちの家の付近を通ることになる。
犯人の中には、隣国ナイジェリア人も混ざっていたとか。
今年の3月位にも同様の強盗事件が起こったらしいが、こんなに頻回に起こることは珍しいらしい。
噂では、年末にもう一度あるというが、真相は不明である。

ベナンは比較的治安は安定した国である。
外出時、気をつけてはいたが、心のどこかで被害にあうことは少ないと高をくくっていた。
思い起こせば訓練中、「犯罪は個人の心がけ次第で防ぐことができるものが多い。」
「自分の身は、基本的に自分で守る。」
と、習ったことを思い出した。
実際に住み慣れてきた頃が、何事においても気の緩み時。
気をつけなければと、気持を立て直すきっかけとなった事件でもあった。

ダントッパ
事件現場近く。 大量のバイクと車で騒々しい。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。