FC2ブログ
 

monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ初クリスマス

クリスマスが近づいてきた。
ベナンで初めて迎えるクリスマス。
この日、ベナンは祝日となる。

今のベナンは乾季で日中はとにかく暑い。
暑さをベースにやや涼しいか暑いかの変化のため、季節感があまりない。

でも、ちまたでは着々とクリスマスの雰囲気に入っている。
やはりサンタの服装は全世界共通のようで、いくら暑くても赤い分厚いそうな衣装のままである。
日中はサンタの衣装を見るだけであつくるしいと感じてしまう。

色んなお店の窓ガラスに、サンタやクリスマスの絵が描いてある。
手書きで味があって面白い。
近所のスーパーマーケットもやけに品揃えが豊富だと思ったら、クリスマスのおかげなのだ。
年末に向けて頑張って商売している。
フランス人が経営する白人向けの店は、様々なクリスマスツリーが飾られていて、久々にヨボ気分を味わった。
白い雪のイメージは気分が涼しくなって良い。

その他よくよく見ると、さり気なく天井にモールが飾られているだけの店もある。
タクシーも、バックミラーにサンタのマスコットをつっていることがある。
日本では考えられないぼろぼろのタクシーだけど、ささやかな飾り付けが微笑ましい。

先日、軽快な太鼓と共にやってくる御一行があった。
なんだろうと外に出てみると、子どもがサンタクロースの仮面を付けて激しく腰を振って踊っていた。
見慣れないヨボ(現地語で白人)が出てきたので、御一行は私の前で止り2人の子どもが太鼓に合わせて激しい踊りを披露してくれた。

なぜか家のガードマンも一緒になって太鼓をたたき始め、ひと時の楽しいショーを見せてもらった。
クリスマス近くになると、子どもたちは道をねり歩き、大人たちから10~25F程度のお金をもらうのが習慣らしい。
この踊りもそれが目的のようだ。

この子たちが、幸せなクリスマスを迎えられますように・・・。
そんな思いを込めて、私も彼らに渡してみた。

寒い冬にクリスマスを迎える日本人には、違和感のあるクリスマス。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。