monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療現場の裏側

ベナンでは道を歩くと、たくさんの子ども達と出会う。
日本に比べ出生率が約4倍なのも納得できる。

みんなふっくらとしていて、裸で元気に走り回っている。
日本のテレビ番組などでよく見るアフリカのイメージは、栄養失調でお腹が膨れてぐったりした子ども。

ベナンではそのような子どもを見かけることはほとんどない。

教育を受けられず、現地語しか話せない人たち、頭に商品をのせて売り歩いている売り子さんたちの子ども、野外食堂の子どもたちも、みんな決して裕福ではないが、命を落とすほどの食糧不足や貧困には至っていない。

ベナンは適度に暑く、湿気もあり、海もある。
近隣諸国からの輸入もできる。
そのため、野菜、油、果物、肉、魚など比較的食物の種類は豊富だと思う。

しかし、乳児死亡率(1歳未満)は日本に比べて約30倍の高さ。
新生児死亡率も約19倍。
それはなぜか?

例えば患者側なら、適切な教育を受けていなかったり、貧困家庭であれば子どもの異常を察知するに及ばなかったり、察知してもすぐに病院には連れて行かず手遅れになることもある。
または、母親が病院に行きたいと思っても、父親や家族が反対して行けない場合もある。

例えば医療機関なら、医療機関に救急患者が搬送されても、適切な処置が施されなかったり、設備や知識が不十分で対応しきれず命を落としてしまうことも多い。

ベナンでは、医師の目を通らず助産師や看護師の独断で診察・診断をして処方箋を書くことができる。
当然医師も診察・診断・薬の処方・手術など助産師・看護師と同様行っている。
看護助手が血圧測定や注射など、日本では看護師が行う役割も多く担っている。
さらに、日本では医師・助産師しか認められていない内診を看護助手までが行っている。
役割分担は曖昧である。
たとえ、役割分担が明確であったとしても専門職という専門分野の深さが日本と全く異なる。

ベナンの看護助手は小学校卒でもなることができる。
専門的な知識を学ぶ機会もなく、現場へ入り見よう見まねで覚えていく。

そのため、なぜその手技で行うのかという根拠を知らない。
根拠が分からないために、適当な処置が目につく。

看護職のための学校でも、誤った知識が提供されていることが多い。
基本的な手技や、そのための根拠が非常に曖昧である。

その上、医療職全体的に患者の立場に立って処置を行うという教育や「看護」の概念の教育がなされていない。
患者がどれだけ痛みに泣き叫ぼうがお構いなしに処置を続けたり、ひどいときは逆に叱りつける。

患者が痛がっていようが、しんどい中長時間待っていようが、スタッフ同士の世間話や、所用の携帯電話が優先される。
患者は医療職に逆わない。

処置をしようとしても、物品はそろっているのに適切な物品の準備や管理がなされていないために処置できない。

医療機器があっても、使い方を間違っていたり安定しない電圧のためすぐに壊れる。
当然、必要な物品不足で処置できないこともある。


医療職側も患者側も死に至るまでの治療の試みはあっさりしている。
死に至った原因を深く追求する姿勢は、どちらにもない。
医療職側も、彼らなりに精いっぱいやっているのである。


そんな多くの要因が重なって、子どもたちの死は身近に起きている。
ちょっとした怪我でさえも、ベナンでは命に関わる。
日本で助かる命も、ここでは助からない。
それがベナンの現実で、そういう運命なのだと受け入れるしかない。

沢山の要因は見えてきても、隊員レベルで取り組めることはとても小さく地道なこと。
実際の環境と、自分の活動とのギャップに戸惑う。
どこから、何を始めたらいいのか、糸口を探そうにも複雑に絡まっていて分かりにくい。

だから、今道端で元気に走っている子どもたちは、体が丈夫で、様々な環境に恵まれた運の強い子ども達なのだ。

私は日本とベナンを比べないように意識している。
日本の医療レベルの中で限界があるように、ベナンの中でも限界がある。
上を見ることは大切だけど、そこにたどり着くまでの段階があるし、その過程が大切。
何より、ベナン人が問題意識を持たなければ何も始まらない。
でも、それが難しい。

癒しの笑顔










スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。