FC2ブログ
 

monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJ?初体験!!

ベナンのラジオに出演した。

私の活動先の病院の医師が、週1回ラジオ番組を担当していて、その番組に出演してみないか?という話を頂いたのだ。

ストライキも長引いていて、活動も滞っている最中。
同じ職場に配属の隊員と共に出演させていただく運びとなった。

テーマは私たちの普段の仕事に関わりのある内容ということで、母子の栄養について。
赤・黄・緑の食品群を1回ずつ3回シリーズで。
私は赤の食品群の回を担当。
といってもこの番組は全て現地語で話される。

私たちのカウンターパートが主に話し、彼女の合図に従って私は決められたフレーズを現地語で伝える。

日本のように事前準備はしないお国柄。
今回は珍しく前日の夕方にカウンターパートから呼び出され、現地語であるフォン語の練習。

そして自分も日本語で挨拶の練習。
日本に研修で行ったことのある人なので、簡単な日本語は知っている。
しかし、ベナン人が聞くラジオ。
日本語を話しても誰も分からないのに。
あいさつ程度ならまだしも、長い文章を話したがる。
そんなことを思いつつも、日本語も伝授。

放送局は意外にも自宅から近い場所にあった。
さびれた放送局を想像していたが、機材もきちんとしたものが揃えられていて、予想以上にきれいだった。

大きなガラス窓のついた、カラオケボックスの一室のような小さな部屋に、DJと隊員2人、医師、カウンターパート、専門家と6人が入り一杯になった。

P1030646 - コピー


番組を受け持つ医師も、先日日本で研修を受けたばかり。
当日は、みんな日本語で「おはようございます」と日本語の挨拶から始めた。

片言のフォン語で栄養の説明をする日本人を、リスナー達は非常に喜んでくれている様子だった。
リスナーからの電話を聞くコーナーも設けられていた。
彼らも早速「おはようございます。」と日本語で挨拶をしていたのが面白かった。

最後に締めのあいさつ文を考えていたものの、医師やカウンターパートが日本語の挨拶を面白がって連発し始めたため、私たちのフォン語の挨拶は省略。
あっけない幕切れとなったが、楽しい体験ができた。

後日、ラジオを聞いて栄養相談に来たというお母さんがいて、地元の人たちに根付いたラジオであることを身をもって感じたのだった。

P1030653 - コピー
背後に巨大なポスターが・・・



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらもTV&ラジオ出演

久しぶり!
偶然だね。
こちらも今週、テレビとラジオにみんなで出たんだよ。
原爆展のPRでね。

もうすぐでプチ同窓会だね。
ニジェールの大統領選は大丈夫かな?

び~ちゃん | URL | 2009年07月05日(Sun)02:38 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。