FC2ブログ
 

monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッパン

家の近くで美味しいアッパンの店を見つけた。

おばさんが道端で小さな台の上でこじんまりと店を構えています。

アッパンとは、トウモロコシの粉を発酵させたもので、見た目はヨーグルトと似ている。
砂糖やコンデンスミルクなどと氷を入れて食べます。

やや酸味があって、コンデンスミルクと砂糖の甘味 氷の冷たさが程良い味を醸し出していて私は好きです。

昼時に、木陰でベンチに座りベナン人も絶え間なく食べに来ています。
照りつける太陽のもと、銀色の器と白のアッパン、氷がキラキラしていて見た目にも清涼感を与えてくれます。
値段を指定して量が決まりますが、私はいつも100F分。

昔の給食に使用されていたような銀の器に1/3くらい。
程良い量です。

アッパン売りのおばさんや常連客とも顔なじみになってきて、少しづつ言葉を交わすようにもなりました。

これからも、お世話になる一品です。

アッパンの姿


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。