monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケテ

残りの任期の方が短くなってきたため、せめて隊員がいる任地を見ておきたいという気持ちから、週末を利用して地方へ出かけることが多くなった。

雨季に降った水が、きれいな景色を織りなしている間となると期間も限られる。
今はほとんど雨季は終わり、乾季に入っている。

コトヌからタクシーで約2時間。
「サケテ」という町。

ここの住民はイスラム教の人が多く、地方にしては大きなモスクがある。
モスケ


凧揚げ
電柱にひっかかっていた凧
スーパーの袋で作成
アフリカでも凧揚げするんですね。

この町はブードゥ教がさかんな町
儀式をした跡
ブードゥ

川で洗濯をする家族 お父さんもごしごし
川で洗濯

水浴び
洗濯の隣で水浴び


河2
サケテから少し北に入ったところ
これでも水は少なくなっているらしい

土道
このあたりの道はどこも土道


大きな魚
川ではこんな魚が釣れるらしい

丸太をくりぬいた船
彼らの船は丸太をくり抜いただけ
至ってシンプル


バナナの木のトンネル
今はバナナがたくさん実っている
バナナの木の下


サケテはこんな感じでした
水を運ぶ少年




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。