FC2ブログ
 

monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンベレケ

私の住むコトヌから北へ約540キロ。
バスとタクシーを乗り継いで約10時間。
ベンベレケという村。

この小さな村に「ベンベレケ家政学校」がある。
その名の通り、女性が技術を身につけて自立するための学校。
日本で言うところの職業訓練校。

ベナンでは男性に比べて女性の地位が低い。
家が貧しく兄弟全員が教育を受けられない場合、優先されるのは男の子。
だから、昼間売り子さんや屋台で働くほとんどの人は女性。

ただ、教育を受けることができた女性は、社会的に高い地位に就くことはそれほど困難ではない気がする。
実際、公的な役職に就いている女性もよく目にする。
細かく聞けば、就職後も男女の差別があるかもしれないが、私が見ている限り女性は強い。

話しを戻して、この学校の存在価値は高いと思う。
その存在を知った時、学校を見学したいと思ったが、さらに興味を引いたのはその学校を運営しているスタッフに日本人がいるということ。

そこへ一人で訪れるのは少し緊張。
でも10時間の道のりは長かった。

長時間の移動に疲れ果てた私を、優しく出迎えてくれたみちこさん。
彼女がこの学校を運営するスタッフの一人。

私の周りに集まるたくさんの子どもたちと彼女の笑顔を見ると疲れはあっという間にどこかへ。

みちこさんは23年前、所属の修道会からシスターとしてベナンに派遣。
女性が自立するための技術学校を3人のシスターで創設した。
当時は洋裁のみで生徒4人から開始。

現在は洋裁に加え、髪結い、織物を学ぶことができ、果物シロップ、自家製クッキー、シアバター入り石鹸、薬用植物原料の軟膏類なども作成し販売している。
織った布も販売し、それをここで仕立てることも可能。
織り機
織り機部門

美容
髪結い部門

洋裁
洋裁部門


資金はイタリアの民間団体から得て運営しているとのこと。
しかし、年々援助が減り運営が厳しくなっているらしい。
5年前から新しく、小学校と幼稚園を併設(通学・通園式)し、現在は全部で400人がこの施設を利用している。
小学校
小学校校舎 5年前からの未完成部分があり・・・。

子どもたち
小学生たち

幼稚園教室
幼稚園の教室 まるで日本


家政学校の学生たちは敷地内の寮で暮らしている。

家政学校寮
学生の寮


体に障害がある人、強制結婚から逃れてきた人等この学校に通う経緯は様々。

学校の給食も彼女たちが作り、掃除、洗濯、調理、家畜の世話など日常生活に必要なことは全て身につけることができるシステム。
体に障害があれば、障害と共存し特技を生かした技術を見つけ、伸ばすことができるように援助している。

マクラメ編み
教室に造りかけが置いてあったマクラメ編み(太めのひもを編んで幾何学模様を作る)
誰のかなと思っていたら・・・

マクラメ編みの得意な女性
彼女の作品らしい。
部屋を見学している時偶然出会った。左手が不自由ながらも器用に編む。



この学校の決まりとして、畑で1人1つ好きな野菜を育てること。
畑には枯れている場所、育っている場所それぞれで、性格がよく表れている。

畑
みんなの畑

レタス
きれいに育ったレタス

家畜たち
家畜たち

台所
台所

寮の部屋
寮は一部屋に2段ベッドがたくさん と みちこさん

一人のスペース
これが一人のスペース


「お客さんが来ましたよ~。部屋を片付けるなら今のうちですよ。見に行ってもいい~?」
施設を案内する時に、みちこさんが生徒たちに声をかける。
その声を聞いて、女の子たちが嬉しそうにわっと集まってくる。
両親と離れて暮らす彼女たちにとっては、母親のような存在。


彼女は幼稚園、小学校、家政学校、規模が大きくても、気になる子どもたちはきちんと把握し、それぞれの変化をしっかりと捉えていた。
ベナン人のシスター達と彼らの変化を共有し、その成長を喜び合う姿が印象的だった。
彼女たちにとってそれが生きがいなのだ。

「最初ここに来た時、私の田舎と似てるなって思って気に入ったんですよ。」
と赴任当初を語ってくれた。
23年前と言えば、まだ道路も整備されていなかっただろう。
今でこそ足を延ばせば野菜を買えるが、この小さな村には食べ物も水も豊富になかったはず。
ベナンの習慣や価値観も分からない中で、施設を立ち上げることも大変な作業だったはず。

色んな苦労があってもやりたいことをやっているから、今の生活をとても楽しんでいる感じがした。


カシューナッツの木
敷地内には色んな草木花が育っていた。
そのうちのひとつ。
なんの木?

カシューナッツの実
カシューナッツでした。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。