monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北部旅行~マランビル・W国立公園編~

旅が続きます。

今回は5泊6日と大がかりな国内旅行。
現職参加制度を利用して、協力隊に参加していた同期隊員3名が3月に帰国するため。

最後に同期隊員全員で旅行しておこうということになった。

と言っても、14人の大所帯のため全員が集まることはできず、うち2日間以外はそれぞれオプショングループ行動に。

私はまずマランビルというニジェールとの国境の町へ。
私の住むコトヌーから約760キロ。
バスだと約13時間の道のり。
この町まできれいなコンクリートの道が舗装されている。

乾季で日中の気温は高く、空気はかなり乾燥。
湿度が低すぎて、冷えた飲み物も水滴がつかない。
実際、汗はかいているはずなのに、服が湿らない。

日中は少し歩いただけですぐにのどが渇き、常に水分を欲している感じになる。
目や唇、肌もケアをしないとカサカサになる。
洗濯物は1時間もあれば乾いてしまう。

日が陰ってきた頃の日陰の温度で約45度。
シアバタークリーム(人肌の温度で溶けてなじむクリーム)を持ってきた隊員がいたが、マランビルに滞在している間は固形でなく、オイル状と化していた。

今まで体験したことのない気候。

そんなマランビルの町。
青い空
雲ひとつない青い空


トラックの列

舗装道路沿いに町が栄えていて、道路の先が国境に続いている。
そのため、ニジェールナンバー、ベナンナンバーの大型トラックが列をなす。


町の人たちも民族が違うため、顔つきも違う。
雰囲気もベナンというよりニジェールの雰囲気。
青空飲み屋さんではニジェールビールも扱っていた。
ニジェールでのどが渇きすぎて死にそうになった時、助けてくれた飲むヨーグルトも見かけた。

牛の放牧

ベナン南部では牛の放牧やロバはあまり見かけないが、ニジェールではよく見かけた。
マランビル周辺にくるとよく見かける。

色んな国籍、民族が入り混じっている町。

国境
国境

ゲートがあるのみで特になにもない。
ゲートの向こうはニジェール川をまたぐ橋となっている。

ニジェール川
ニジェール川から国境の橋

ロバで国境越え
これから国境越えます。

旧国境
今の国境の向かいに旧の国境 こんな閉鎖で大丈夫?

SIDAとはフランス語でエイズのこと。
国境周辺はHIVが蔓延しやすいと言われている。
啓発の看板が多かった。
さらに、夜の市場ではコンドームを販売する売り子さんも多かった。
エイズ1
エイズの危険のない旅行を

エイズ2
性の乱れは必ずエイズにつながります。

翌日はカリママ村にプル族という民族に会いに行く。
プル族はもともと遊牧民族で、家畜の草を求めて移動するらしい。
沢山のアクセサリーと色鮮やかな衣装を身にまとい、独特な雰囲気を醸し出している。
写真を撮ることは嫌がるので、道で出会った人は了承を得られなかった。

家
プル族の集落

プル族
家を見せてくれた家族


最後は、動物を見るためW国立公園へ。
W国立公園はニジェール、ブルキナファソ、ベナン3国にまたがる公園。
名前の由来は、公園内のニジェール川がWのように蛇行して流れているため。

うちニジェール国内の一部分が世界遺産に登録されているらしい。
敷地は広大で、実際色んな動物が生息しているとのこと。

が、しかし、レンタカーの運転手さんが遅刻したおかげで、動物を観測できる時間はあっけなく過ぎ去り、私たちは数えるほどの動物しか見ることができなかった・・・。
パーク内
パーク内はこんな道をずっと走る。

今回の旅はあまりにも暑すぎて、水分ばっかり飲んで夏バテ状態。
もちろん冷蔵庫で冷えた飲み物を飲める機会は少なく、体力的にきつかった・・・。
ハプニングは色々あったけど、ニジェールを思い出す旅でした。










スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。