FC2ブログ
 

monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活祭

4月5日はベナンは祝日。
正確には4月4日の振り替え休日。
キリスト教の祭日。
だから3連休。

復活祭というものらしい。
イエス・キリストが死後3日目に復活したことを祝うキリスト教最古、最大の祝日。
春分のあとの満月に続く日曜日がこの祝日にあたり、年によって移動する。

ヨーロッパでは「イースターエッグ」と言って採色した卵を飾って食べる習慣があるらしい。

これは、ヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことに結びつけたもの。
そして、冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれている。

英語圏やドイツでは「イースター・バニー」と呼ばれるうさぎが運んでくる(または産む)ものとされているが、フランスやイタリアでは教会の鐘が運んでくるものとされている。

「イースター・バニー」で象徴されるうさぎは多産なので生命の象徴であり、また跳ね回る様子が生命の躍動を表しているといわれるらしい。

確かにこの日が近づくと、白人が利用するスーパーではきれいな模様の銀紙に包まれた卵型のチョコレートが並ぶようになった。

さて、ベナンでは復活祭のイベントとして期間限定の遊園地が開園していた。
その広告の看板。
遊園地
卵とウサギの両方がドッキングしている。

HOMEL
前の週には、活動先の病院でもミサが行われた。

祝日当日には、鶏肉を食べてお酒を飲んで踊って祝うらしい。

私も日曜日に教会へ行ってみた。
玄関


教会中


教会外
外の様子

この教会は近辺では規模が大きく、礼拝堂から3方向に通路が伸びていて、外からでもお祈りができるようになっている。

外も満席で常に人が一杯だった。
みんな正装して、小さい子どもも親兄弟になだめられながら参加していた。

昨年は何も感じなかったけど、ベナン人のキリスト教信者にとっては特別な日だったんだと今更実感。
当然ながら、イスラム教はなにも関係ないので、普通の休日を過ごしたらしい。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。