monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の前のお店にて

私たちの家の前に小さな屋外雑貨屋さんがある。

フランス語が話せないママと1歳過ぎの女の子ナディア、フランス語が話せるイスラム教徒のパパ。
主にこの3人で一緒にいるが、どうやら別宅に家族がいるらしく、ママはパパとの間にあと子どもが4人いるらしい。

大きいリヤカーのようなものに道具一式を詰め込んで、どこからかやってくる。
道端に立っている大きな木の下に店を構える。

トイレットペーパーやたばこ、ソダビ(ベナンのドブロク)クリープのようなものや飴、ガム、蚊取り線香などちょっとした日用生活用品が並ぶ。
土日のみ昼間食事も出している。

お店
木箱の中に日用品。あとはお料理作りに道具が色々。

始めは平日の夜と土日日中だったが、途中から毎日ずーっとそこに店を構えるようになった。
ずーっとというのは、そこで生活しているということになる。
他の子どもたちは親戚がみているのだろうが、両親が不在で大丈夫なのか?
彼らの生活には謎が多い。

夜は外に寝る。
その辺に生えている木やブロックを上手く利用して蚊帳を張る。
ママは人通りが少なくなった夜中に、道端でシャワーの代わりに水浴びする。

あまりにも暑い日中は女性も上半身裸になっていることがあるので、女性の裸はさほど珍しくはない。
トイレはないので、小はその辺の溝っこに、大はさすがにどこかのトイレを借りていると思われる。

ちなみにベナンは女性も立ち小便をする。
足首までのスカートをはいているため、スカートを膝上までめくりあげ、堂々と行う。
その姿は圧巻だ。
始めてみた時、度肝を抜かれるとはこんな感じなのかと思った。

話がそれたが、時々夕方か夜、お店の横でママにベンチを借りて涼むことがある。
このママは、ベナン人には珍しく「なんかちょうだい。」とは決して言ってこない。
だから、居心地が良くて一緒にぼーっとさせてもらっている。

偶然、土曜日出すための食事を作っていたのでお手伝いさせてもらった。
いつも同僚たちは、私たちのために特別メニューにしてくれるので、一般人はどんな風に作っているのか興味があった。


<トマトソース>
① 鍋に油をしき、トマトをピューレ状にしたもの、トマトピューレをさらに煮詰めた感じの缶詰を合わせて炒める。
② 水を加えて沸騰させる。
③ 揚げた魚やゆでた鶏肉(手羽)を加えて煮込む。
④ 固形スープの素と塩で味付け。
  ガリ(マニョック芋を粉にして乾燥したもの。見た目は細かいパン粉)を少し加える。
⑤ 最後にトウガラシを加える。

お鍋中身2

これで完成。
のちに同僚に見せると「トウガラシ入れすぎ!!」とびっくりしていた。

トマトソースにトッピングするメニューのオクラソース

① 沸騰したお湯の中にオクラを投入。
② 煮込んでトロトロになったらかき混ぜて、トウガラシ、赤いヤシの実油、固形スープの素で味付け。

炭火
いつもの炭火

夜8時ごろから12時まで手伝った。
でも、まだ途中。
たばこを1本買って吸っていく人、ソダビを1杯飲みに来る人、水を飲みに来たついでにナディアと遊ぶ人、色んなお客さんがやってくる。
お客さんの相手をしながら、子どもを見て、明日のお客さんに出す食事を作る。

マイペースにゆっくり仕事をするママを見ていると、ついついもっと早く取りかかれば、早く眠れるのに・・・と私ペースで思ってしまう。
でも、別に急ぐ必要はない。
朝までまだ時間はあるし、昼間眠ってもなんの問題もない。

結局、味見もできなかったけどちゃんと売れたのかなぁと少し心配。

ナディア
看板娘のナディア 今日は眉毛を書いてもらって。














スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。