monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪の毛を編む

帰国まで3週間。

隊員は帰国前に、2年間の活動内容をまとめた報告会を活動先の同僚や上司に向けて行うことになっている。
もちろんフランス語。

最後の報告会は、ベナン服を着て、ベナン人のような髪型で実施すると決めていた。
発表内容をフランス語でまとめるにあたり、カウンターパートに添削してもらいつつ、報告会の話し合いを重ねた。

いつも彼らのマイペースに振り回されてきたが、今回も同様。
報告会は間近に迫っているのに、計画通りにカウンターパートとの打ち合わせが進まない。

いつも以上に襲いかかってくるハプニングの合間に、髪の毛を編みに行った。

夕方18時ごろ。
体も疲れていたが、今を逃せばやれる時はないと髪を編んでくれるマダムの家に。
聞けば「2時間くらいで終わるよ。」と言う。
4時間くらいで終わるかな?と内心思いながら、お願いする。

前回は全て自分の毛で編んでもらったが、今回は付け毛をする。
2メートルくらいの茶がかかった直毛を購入。1200cfa(約250円)

背もたれもない低い椅子に座って、ひたすら編まれる。
マダムは妊娠中。
大きいおなかで、なおかつ風邪で鼻をすすりながら、一人でひたすら編んでくれる。


マダムの旦那さんは仕立屋で、ミシンをカタカタやっていたが、私のために雑誌を渡してくれたり、蚊取り線香をたいてくれたり、色々気をきかせてくれた。
さらに、20時頃から子どもたちにご飯を食べさせたり、寝かせたりととても面倒見の良い旦那さんだった。

この家にはテレビがあって、時間になるとテレビを見るためにご近所さんがやってくる。
目的はフランスの連続ドラマ。

みんながテレビを見る横で、この家の6歳の男の子と3歳の女の子がわいわいと遊び、その横で私が編まれている。
8畳程度の狭い部屋に7人が集い、何だが久しぶりに家族の中にいる気分を味わった。

結局、仕上がったのは夜の12時半。
6時間もかかった。
予想以上に私の髪の毛は多かったようだ。

全てを編み終えた後、付け毛が引き締まって崩れにくくするため、全体をぬるま湯にひたす。
さらに、はみ出た短い毛をハサミで切って整える。
これはおそらく私の髪の毛も切られていた。

付け毛代も入れて3500fca(約700円)
手間の割に安いと感じた。
お礼も込めて、値切らなかった。

大きいおなかでほとんど休憩もせず、編んでくれたことに感謝。
さらに、夜は危ないからとテレビを見に来ていた近所の人が途中まで送ってくれた。

疲れたけど、みんなの優しさに癒された。

最後の髪型

ベナン人からは好評。
みんな喜んで「似合ってるよ。」と言ってくれる。
しかし、いつになく真剣な目で私の頭を観察し「いくらだった?」と同僚のほとんどが聞いてくる。
値段を言うと、驚きもせず「そんなもんだね。ぼられてないよ。」と返ってくる。

本当かどうかは分からない。

この髪型は2週間保ちたかった。
髪の毛を洗っていたが、フケが目立つようになってきたため、10日で断念。

ほどいてもらう図

同期隊員にほどいてもらい、髪の毛を洗うと抜ける。
予想以上に抜ける。
おいおいと思いながらも抜ける。

よくドラマで抗がん剤を飲んだ副作用で髪の毛が抜けるシーンがあるが、まさにそんな感じだった。

ベナンの髪型もこれで最後。
思い残すことはない。








スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。