monologue de yoki-ta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のひとりごと

2010年6月21日にベナンを出国。

6月23日に日本に帰国した。

2年ぶりの日本は意外にもスッと馴染み、少しの新鮮味を感じる程度だった。

日本人からすれば、ベナンは遠く未知の存在。
ベナンで過ごしていた日々も、日本の日常に比べると、非現実的。
異なる言語や価値観、文化、環境、食事、黒人さんに囲まれて外国人としての毎日。
全てが貴重な体験だった。
限られた月日の中で貪欲に、あらゆることを吸収しようとした。

日本での日常に溶け込んできた今となっては、あの日々がとても遠くてウソのように感じる。
でも今もベナンへ行けば、あの環境が待っている。
なんとも不思議な感覚。

協力隊に参加前、保健師、看護師を集めた技術補完研修があった。
その中で「発展途上国は、経済が途上というだけで、国の歴史や文化が途上という意味ではない。」という言葉を聞いた。
私の中でそれはとても印象深かった。
ベナンにいる間、嫌な目にあっても、ベナン人やベナンという国を尊重する気持ちが常にあったのは、それが根底にあるからかなと思う。

私の活動は、大それた事ではなかったけれど、同僚たちを始め私が関わった人たち全てに「日本人」という記憶を残すことはできたと思う。
お金や物のやりとりだけで、顔が見えないと言われている日本の援助。
実際に顔を見ながら、言葉を交わし、心が通じれば、互いの心に「日本人」「ベナン人」の種を植え付けることができるのではないかと思う。
いつそれが花を咲かせるか分からないが、長い人生の中で特別な存在となる時がくるかもしれない。

私はボランティアでありながら「援助」をしようと考えたことはない。
私の活動が何かの役に立てばもうけものだなという思いで過ごしてきた。

むしろ同僚達を始め、ベナンの多くの人に支えられて過ごした2年間だった。
裏切られることもあったけど、それを上回る笑顔や思いやり、通りすがりの親切をいただいた。
彼らの支えや助けがなければ、無事に任期を全うする事は難しかっただろう。

そしていつも、日本が失いつつある人々の豊かな心に触れて、元気をもらっていた。
帰国後、益々その大切さを痛感している。

人間同士のコミュニケーションを大切にする「豊かな心」だけは失わないように。
今の日本の現状をベナン人に紹介することを想像すると、残念な気持ちになる。

このブログは、私の活動と言うよりもベナンという国のことを知ってもらいたくて開設した。
その裏には私が元気で活動していることを知らせるためでもあったけど。
ベナン人で教育を受けた人は、日本人の顔は知らなくても日本という国の名前、天皇の名前、歴史のことなどなど日本についての知識はある。
でも、日本人はベナンの存在すら知らない。
国民はベナンの存在を知らなくても、日本はベナンにも援助を行っている。

私目線になってしまうが、ブログをきっかけにこんな国があることを知り、興味をもってもらえればいいなと思う。

この経験をきっかけに、いつかアフリカへ戻ることが私の夢の一つとなった。

というわけで、このブログはこれにて終了。

読んでくださっていた皆さん、どうもありがとうございました。



日本から見守ってくれていた全ての人に感謝をこめて

yoki-ta

















スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。